おススメ記事
赤ちゃんのファーストシューズはいつごろ買うか?
子供がつかまり立ちをし始めたんだけど、ファーストシューズはそろそろ買ったほうがいいのかな?
ユーママ
おめでとうございます!そろそろ歩き出しそうですね!
3歩〜4歩と歩きだしたらファーストシューズを準備しましょう!

赤ちゃんがヨチヨチと歩く姿は、可愛いですよね。

3歩、4歩としっかり歩き始めたら、いよいよお靴デビューです!

しかし、可愛いからといってデザイン重視で選ぶのはおすすめできません。

 赤ちゃんの足は繊細なので、靴選びはとっても重要なんですよ。

今回はファーストシューズ選びに関して測り方・注意点など書いていきたいと思います。

またファーストシューズに関してよくある悩みについても書きました。

  • 赤ちゃんのファーストシューズ、おさがりでも大丈夫?
  • 赤ちゃんにサンダルは履かせていいの?
  • 靴下をはきたがらない

赤ちゃんのファーストシューズ選びはどうすればいいの?が解決できれば嬉しいです(^^)

赤ちゃんのファーストシューズいつ頃から?

赤ちゃんのファーストシューズはいつ頃から

寝返り、ハイハイ、つかまり立ち

たった1年足らずで赤ちゃんは急激に成長するんですよね。

赤ちゃんが1歩2歩と歩き始めたら、そろそろ靴を買うべき?と思うママも多いのではないでしょうか。

購入時期の目安は、赤ちゃんが3~4歩ほど歩けるようになってから

個人差はありますが、1歳頃にファーストシューズを検討し始める家庭が多いようです。

赤ちゃんのファーストシューズ 選び方

赤ちゃんのファーストシューズを選ぶ

ファーストシューズは、赤ちゃんに適した靴を選ぶ必要があります。

合わない靴は、赤ちゃんの足の発達に影響を及ぼしてしまうほど。

それほどファーストシューズは赤ちゃんにとって重要な靴なんですね。

どんな靴を選べば良いのか見ていきましょう。

通気性がよいもの

赤ちゃんは、大人よりも新陳代謝が活発なので汗をかきやすいんです。

特に足は蒸れやすい場所なので、通気性のよい靴を選ぶようにしましょう。

通気性がよく、吸湿性に優れた素材を使っているものがいいですね。

足首まであるもの

赤ちゃんは足首の関節が柔らかいので、よく転んでしまいます。

そのため、足首を固定してくれる靴を選びましょう。

足首まで深さがあるハイカットタイプの靴がおすすめです。

かかと周りがしっかりしているもの

ファーストシューズは、かかとが硬い靴を選びましょう。

手でかかと部分を押しても固くて押せないくらいが理想的です。

かかとが硬い靴は、赤ちゃんの未熟なかかとの骨をしっかり成長させてくれます。

かかとの骨がしっかり成長すると、足の変形・О脚・X脚を防ぐことができますよ。

つま先が少し上がっているもの

赤ちゃんの足の裏は未発達なので、よくつまずいてしまいます。

つまずきにくくするためにも、つま先が地面よりも上がっている靴を選ぶようにしましょう。

足をしっかり固定できるもの

足と靴が一体になるよう、しっかりと固定できる靴を選びましょう。

紐通し部分が5つ以上あるひも靴がおすすめです。

毎回結ぶのが大変と感じる場合は、マジックテープでもいいですね。

マジックテープであれば、2つ以上ついているものを選ぶといいですよ。

軽いもの

赤ちゃんは靴を履くことに慣れていないので、軽い靴を選びましょう。

重たい靴は、バランスを崩して転ぶ原因になってしまいます。

ここがポイント
  1. 通気性がよいもの
  2. 足首まであるもの
  3. かかと周りがしっかりしているもの
  4. つま先が少しあがっているもの
  5. 足をしっかり固定できるもの
  6. 軽いもの

ファーストシューズはどこで買えばいいの?

赤ちゃんのファーストシューズは種類が豊富
赤ちゃんを連れて出かけるのって大変だし、ネットで買っちゃお。
ユーママ
その気持ち分かります!家まで届けてくれるのは楽ですよね〜
ですが、可能であれば、実店舗で購入する方がいいですよ。

「ネットでポチッと」したくなる気持ちよく分かります!

赤ちゃんを連れての外出ってほんと大変ですよね。

荷物も多いし、赤ちゃんがグズったらもうてんてこまい。

ネットで購入するのもいいのですが、できるならば実店鋪でしっかり測定したほうがいいですよ。

百貨店の子ども・赤ちゃん用品フロアがおすすめ

赤ちゃんの足は大人が思っている以上にとてもデリケート。

そのため、きちんと計測して、赤ちゃんの足を知り正しい靴を選ぶことが大切です。

そこでおすすめなのが、百貨店内にある子ども・赤ちゃん用品のフロア!

靴を専門に扱っている店舗もあり、たくさんの靴を見ることが出来ます。

それに子供用の計測器具があるので、きちんと測定してくれますよ。

もちろん試着もできるので、靴が正しくフィットしているかなど確認できますしね。

赤ちゃんの足に合う靴を選ぶためにも、実店舗で一度計測してもらうことをおすすめします。

実店舗には赤ちゃんの足を熟知したプロがいる!

ユーママ
シューフィッターって知っていますか?
足と靴に関する資格を持った、いわば靴合わせのプロのことです。

わが子の初めての靴なので「失敗はしたくない」と思いませんか?

ファーストシューズをシューフィッターに相談するパパママは多いようです。

我が家も息子のファーストシューズは、百貨店のシューフィッターさんに相談しましたよ。

きちんと測定してもらい、息子の足の特徴を知ることができました!

今後の靴選びの際も参考になりますし、シューフィッターさんに相談して良かったです。

シューフィッターさんおすすめです。

シューフィッター検索

予約が必要なお店もあるそうなので、事前に確認してくださいね。

ここがポイント

実店舗できちんと測定し、足の特徴を知ることで、正しい靴を選ぶことができます。
赤ちゃんの健やかな成長のためにも、正しい靴を選んであげましょう。

赤ちゃんのファーストシューズ 測り方

赤ちゃんのファーストシューズを買う

店舗の場合は、子供用の計測器具があるので、それを用いて測ってもらってくださいね。

正しい靴選びは、きちんと測定することが大切です。

必ず立たせた状態で測る

寝ていたり座った状態だと体重のかかり方が違うので、正確な大きさを測ることが出来ません。

必ず立たせた状態で測りましょう。

足の指からかかとまできちんと測ってくださいね。

ファーストシューズを扱うメーカーには、足長計がダウンロードできるサイトもありますよ。

asics 足とシューズのサイズチェック

必ず試し履きをする

実店舗に行った際は、実際に靴を履いて歩かせてみましょう。

変な歩き方になっていないか、しっかり歩けているかを確認してくださいね。

評判のよい靴でも、合わない場合もありますので、足の特徴に合う靴を選んであげましょう。

ここがポイント

立たせた状態で正確な大きさを測ることが大切です。そして実際に履いてみて、足に合う靴なのかをしっかりチェックしてくださいね。

シューフィッターおすすめのファーストシューズ

ファーストシューズといってもメーカーに特色があり、選ぶのは難しいですよね。

既に述べましたが、我が家の場合は、百貨店のシューフィッターに相談しました。

シューフィッターおすすめの靴として紹介された靴について紹介します。

アシックス すくすくシリーズ

アシックスのすくすくシリーズは、歩き始めの赤ちゃんの歩き方を研究・分析し作られています。
「キッズデザイン賞」を受賞したことがありファーストシューズとして人気が高いシリーズです。

シューフィッターおすすめのポイントは、他社商品と比べてかかと部分がダントツに硬いこと

「かかと部分は硬ければ硬いほうがいいんです。硬いかかとは、赤ちゃんの未熟な足をしっかり支え、歩きやすくしてくれますよ」とのこと。

我が家が選んだのはすくすくシリーズの”ファブレFIRST MS FW” 

※上の画像の靴です

足首まであるハイカットタイプにしました。

息子に試着させたところ気に入ってくれたので、歩きやすかったんだと思います(^^)

この靴のおかげもあり、歩くのがとっても上手になりました。

履き口が大きく広がるので、履かせやすい点も良かった!

ファーストシューズに何を選ぼうか迷っているパパママにおすすめです。

番外編:ユーママおすすめ 実際に履かせてよかった靴

ユーママ
靴下の底の部分がラバーになっている、靴下のような靴のようなシューズを知っていますか?
Baby Feet(ベビーフィート)もおすすめです。

Baby Feetは、整体力学に基づき、赤ちゃんの足を研究して作られた安心設計の靴。
靴下よりも安全で、靴よりも軽い、優れもののトレーニングシューズと言われています。

出産祝いで11.5㎝のベビーフィートをもらったので、ファーストシューズを購入するまでベビーフィートで歩く練習をしました。

特徴としては、シューズの上部が靴下のように伸縮性があること。

とにかく履かせやすいんです。

足にぴったりフィットして脱げる心配もなく、息子は抵抗なく履いてくれました。

汚れても丸洗いできるので、お手入れも楽ちんでしたよ。

お出かけのついでにちょっと外で立たせてみようかなという時にも活躍してくれましたし。

靴に慣れるという点でも履かせて良かった!

値段もお手頃なので、靴に慣れさせるためにもベビーフィートおすすめです。

ファーストシューズ 買い替えのタイミングって?

赤ちゃんのファーストシューズを買い替える
少しパンパンだけどまだ履けるから買い換えなくても大丈夫だよね?
ユーママ
サイズが合わない靴は、赤ちゃんの成長に影響を及ぼすことも。。
成長に合わせて買い換えましょう。

買い替えの目安①:約3か月

個人差はありますが、赤ちゃんの足は半年で約1センチほど大きくなるんだそう!

目安としては、約3か月で買い換えるといいとされています。

そのため、定期的に計測し、赤ちゃんの足のサイズに合った靴に買い替えましょう。

買い替えの目安②:つま先のゆとりが5mm以下

買い替えのもう一つの目安は、つま先のゆとりです。

つま先のゆとりが5mm以下になったら買い替えましょう。

靴を履いた状態で、つま先を指で押して確認してみてください。

つま先がパンパンになっていませんか?
指先が赤くなっていませんか?

つま先に5mmほど余裕があるのがちょうどよい状態です。

中敷きが外せるタイプであれば、中敷きについた足型で確認することもできますよ。

ここがポイント

買い替えの目安は、約3か月、もしくはつま先のゆとりが5mm以下になっている場合。定期的に測定し、足のサイズにあう靴に買い替えましょう。

-悩み-赤ちゃんのファーストシューズ こんな時どうすれば?

赤ちゃんのファーストシューズの悩み

おさがりでも大丈夫?

親戚にもらった靴があるけど、おさがりを履かせてもいいのかな?

おさがりの場合、靴底やインソールの劣化していることもあるのであまりおすすめしません。

歩き方の癖や足の形がうつってしまうことも考えられます。

見た目と外側がきれいな場合でも、せめて中敷きだけは、衛生面から考えても交換してくださいね。

赤ちゃんにサンダルを履かせてもいいの?

夏に靴を履かせるのは暑そうだから、サンダルを履かせたいな。

サンダルは、足に何かがぶつかったときにケガをしやすいという欠点があります。

選ぶ際は、かかとがしっかりとフィットして歩きやすい靴を。

最近は、歩きやすさや機能性に優れたサンダルがたくさんありますよね。

通気性が良いので夏場はおすすめですが、たくさん歩く際は靴を履くようにしましょう。

靴下を履きたがらない

うちの子は靴下を履くのを嫌がります。だからといって、裸足で靴を履かせるわけにはいかないし。。。

これは困ってしまいますね。。。

履かせるのは大変だと思いますが、衛生上の面からも靴下は履かせた方がいいです。

靴下は、摩擦から守ったり、汗を吸い取る役割があります。

靴下は、靴のパンツのようなもの。

なかなか難しいとは思いますが「靴と靴下はセットだから、一緒に履こうね」など、促して履いてもらいましょう。

合わない靴は足の発達に影響を及ぼすことも

「まだ入るから買い換えなくてもいいかな。」
「少し大きいけど、すぐ成長するから履いちゃおう。」

このように思うママも多いと思います。

しかし、サイズが合わない靴を履き続けると赤ちゃんの足の発達に影響を及ぼすことがあります。

  • 小さい靴:外反母趾、指の変形など
  • 大きい靴:靴の中で指が動くので爪や指先を痛める
         脱げやすいため運動を苦手と感じる

赤ちゃんの足は繊細なので大切に育むためにも、正しい靴選びをしましょう。

足先のゆとりは”5mmほどの余裕をもたせる”がポイントです。

<まとめ>赤ちゃんのために正しい靴選びを

赤ちゃんのファーストシューズ選びについていかがでしたか?

足の健康のためにも、赤ちゃんに合うぴったりの靴を選んであげましょう。

ファーストシューズは、我が子が生まれて初めて履く靴。

特別な思いを抱くパパママも多いのではないでしょうか。

子供の成長の記念となるものなので、素敵な靴が見つかることを願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事