おススメ記事
HOMEの文字とハート
ユーママ
子供の誕生や成長を機に、マイホームを検討する人も多いと思います。

近年では、”中古を買ってリノベーション”の人気が高まっています。

中古は新築に比べ、購入費用が安いのが魅力ですよね。

住宅ローンを抑えて子供の教育費や生活費などに回すと考える人も多いそうです。

 実際に”中古+リノベーション”を選ぶ子育て世代は増えています。

今回は、なぜ子育て世代に”中古+リノベーション”が選ばれるのかなど中古住宅に関するあれこれについて書きました。

  • 中古住宅を選ぶメリットとは?
  • 中古住宅購入に対する不安
  • 中古+リノベーションで暮らしやすさをアップする
  • マイホーム購入 まずすることとは?

また家探しからリノベーション施工・住宅ローンの相談までお任せできる「ひかリノベ」をご紹介します。

マイホームの購入は何から始めればいいか分からない人に特におすすめです。

子育て世代のマイホーム選びの参考になればと思います。

公式サイト

子育て世代のマイホーム 「中古」住宅の人気が高まっている

外国の小銭が瓶に入っている

マイホームを検討する際「新築」か「中古」住宅か悩みますよね。

国土交通省の調査によると、中古住宅を選択する人は年々増加しているそうです。

中古住宅の一番の魅力は”新築に比べて価格が安い”こと

将来子供の養育費などを考えると住宅ローンは抑えておきたいですしね。

中古住宅は、今後も人気が高まると言われています。

子育て世代のマイホーム 「中古」住宅のメリット

HAPPYの文字イラストをもつ子供

子育て世代が中古住宅を選ぶメリットとはどういった点なのでしょうか。

いくつか見てみたいと思います。

購入金額が抑えられる

中古住宅が選ばれる一番の理由は、価格の安さです。

そのため、新築に比べると、同じ予算でもよりよい条件の住宅を選ぶことが出来ます。

都市部や周辺環境の違いはあるものの、おおよそ新築の6~8割の価格で購入できるようです。

立地が選べる

中古住宅は、新築に比べると物件数が豊富です。

住みたいエリアがある場合、希望エリアに新築住宅があるとは限りません。

もし子供の小学校・中学校の学区で選ぶ場合、希望する学区の新築があるかは販売のタイミングによるところがあります。

その点、中古住宅であれば、多くの選択肢から選ぶことができます。

「学区内」「職場の近く」などエリアや立地条件にこだわって選ぶことが可能です。

購入前に実物を見られる

既にある物件なので、日当たりや風通しなど実際に確認することができます。

また周辺の雰囲気なども分かるので、生活のイメージがしやすいと思います。

またマンションであれば、インターネットや口コミで調べることも可能です。

マンション居住者の年齢層や管理状況などが分かることも、物件選びでは重要なポイントとなります。

リノベーションで暮らしやすさアップ

汚れや劣化は、リノベーションをすることで大きく改善できます。

家族のライフスタイルにあった間取りや設備を選べるので、

より暮らしやすく、住みやすい自分好みの家が作れます。

子育て世代にとっては、子供の成長に合わせて部屋の使い方を変えることも可能です。

リノベーションをすることで新築のような住まいを手に入れることができます。

ここがポイント

中古住宅は価格の安さだけでなく、豊富な物件から選べるというメリットがあります。
子育てのしやすさは、周辺環境により大きく変わるものです。
公園や病院が近くにあるかなど、立地にこだわって探すことも可能です。
またリノベーションをすることで、自分好みの家を作れることも人気の理由です。

中古住宅を買う時の不安

中古住宅を買ったので修理するための金づちやペンチ、ドライバー、カッターが並んでいる

中古住宅は魅力的だけど、購入となると躊躇する人が多いそうです。

どのような不安があるのか見ていきたいと思います。

隠れた不具合が心配

構造上の見えない部分は、物件情報や内覧では分からないもの。

そのため、建物の基礎に問題はないか、雨漏りは大丈夫か?など心配ですよね。

また床下や天井裏など、劣化の状態も気になる人が多いと思います。

設備の老朽化が心配

経年により設備がすぐに壊れてしまう可能性があります。

特に頻度が高いのは給湯器とエアコンです。

使用レベルにもよりますが、10年ほどで交換するのが理想です。

耐震性が低いのでは?

古い建物であればあるほど、地震に耐えられるか心配になりますよね。

耐震性においては、1981年に施行された「新耐震基準」があります。

そのため、1981年以降の建物であればほとんどの場合、心配はないと言われています。

近隣住民との関係

隣近所は選べないのでこればかりは、住んでみないと分かりません。

しかし最近では、一定の距離があるご近所付き合いをする人も増えています。

ご近所の関係については、新築でも中古でも同じだと言えます。

ココガポイント

中古住宅の購入は、建物(品質)に関する不安が多いようです。
建物の不安は、施工前にインスペクション(建物状況調査)や耐震診断をすることで解消できます。これらをしっかり取り組んでくれる会社を選ぶことが大切です。
不安を取り除くことが出来れば、安価で買える中古住宅はお得なのかもしれませんね。

子育て世代のマイホーム”中古リノベ”という選択

中古住宅をリノベーションし、床に無垢材を使用。赤ちゃんが横たわりおもちゃで遊んでる

”中古住宅を買ってリノベーション”は子育て世代が圧倒的に多いそうです。

なぜ子育て世代に選ばれるのか、その理由をご紹介します。

将来間取り変更できる設計が可能

子育て世代にとっては、今後子供が増える可能性もありますよね。

子供部屋をいくつ作るべきか。

2LDKがいいのか3LDKなのか⁈

子育て世代におすすめなのが、一つ大きな部屋を作り間仕切り出来るように設計することです。

将来子供が増えた場合は、大きな部屋を2つに分けて子供部屋にすることも可能です。

子供に優しい素材が使える

小さい子供がいる場合、無垢などの優しい素材がおすすめです。

無垢材は、一般的に用いられる複合フローリングにはない良さがあります。

  • 吸湿性に優れている
  • 温度変化が少ない
  • 室内環境を一定に保てる
  • 足触りが柔らかい
  • 木の香りが爽快

部屋に入った瞬間にふわっと木の香りがする暮らしに憧れる人も多いそうです。

木の香りに癒されながら、快適な空間で子育てをするのもいいですね。

楽しいアイテムを選べる

子供が遊べるリノベーションアイテムとして、黒板塗装やハンモックなどがあります。

中でも黒板塗装は、壁をお絵描きの場として使えるので人気の高いアイテムです。

親子のコミュニケーションの場としても使うこともできますね。

その他にもボルダリングができる壁など、楽しいアイテムを選ぶことができます。

子供と暮らしやすい動線を確保できる

近年では、リビングを大きくし、家族団らんの場を大切にする傾向があります。

リビングで勉強すると子供の成績が良くなるという調査があるほどです。

カウンターを勉強コーナーにしたり、子供と接しやすい動線を作り出すことも可能です。

小さい子供がいる場合は、畳スペースを設けるのもいいですね。

子供を見守りやすくするため、キッチンを対面にするのも子育て世代に人気のようです。

ここがポイント

子育て世代は子供が成長するにつれ、生活スタイルが変化します。
そのため、ライフスタイルに合わせて柔軟に変更できる間取りは魅力的ですね。
子供との時間を大切にしながら、暮らしやすさをアップするリノベーションが人気です。

子育て世代におすすめ 「ひかリノベ」で”中古リノベ”

中古住宅をリノベーションし、部屋でくつろぐ夫婦

「ひかリノベ」は”中古住宅を買ってリノベーション”に必要な全ての工程を一貫して行うことができるリノベーション会社です。

  • 家探し
  • リノベーション設計・施工
  • 資金計画
  • 住宅ローンの相談

一つの窓口で完結出来るので、複数の業者に相談する手間を省くことが出来ます。

子育て世代にとって、子供を連れての家探しは大変です。

そのため一社で完結出来ると嬉しいですよね。

「ひかリノベ」を選ぶ3つのメリットとは

ひかリノベの一括窓口システムの図

”一つの窓口で家探しから施工・ローンの相談まで完結できる”

このシステムのメリットについてご紹介します。

時間もコストも最小限に抑えられる

家探しは不動産、リノベーションは施工会社、ローンは銀行・・・・

中古でリノベーションをすると複数の会社とのやりとりが必要です。

しかしこのシステムだとその必要がありません。

時間も手間も省くことができるため、完成までの期間を短縮できます。

リノベーション向き物件を見極められる

中古の物件を購入しリノベーションする場合、
通常だと不動産で物件を購入し、施工会社でリノベーションとなります。

物件を購入後「この壁は壊せない」など思い通りの間取りにできないことも。

ひかリノベでは、リノベーションのプラン概要を決めてから物件を選びます。

そのため、希望通りの工事が可能な物件を購入することができます。

「物件+リノベ」ローンを一つにまとめられる

「ひかリノベ」では、家探しとプランづくりを並行して行います。

物件購入の時点でリノベーション費用の概算が分かるということです。

そのため”物件+リノベーション”費用を1つにまとめてローンを組むことが可能です。

ローンの契約は、書類を揃えたりと手続きに時間を要します。

ローン契約が1つにまとまると、契約は1度で済むので手間が省けますね。

ここがポイント
  • 時間もコストも最小限に抑えられる
  • リノベーション向き物件を見極められる
  • 「物件+リノベ」ローンを一つまとめられる

「ひかリノベ」の6つの特徴

子育て世代が中古を買ってリノベーションした部屋

「ひかリノベ」の6つの特徴についてご紹介します。

独自のネットワークで丁寧な物件探し

賃貸で物件を探すのとは違い、長期で済む家を探すのは難しいですよね。

さらにリノベーションをする場合、物件によっては希望通りの工事が出来ないものもあります。

ひかリノベは独自のネットワークで、通常の不動産屋とは違う角度から物件探しをサポート。

  • 部屋の内装よりも共用設備がしっかりしているか
  • 周辺の住環境(駅が近いなど)はどうなのか
  • リノベーションでは変えられないところに特化した探し方 など

そのため、リノベーションに適した物件で掘り出し物の物件を探してくれます。

家探しはプロに手伝ってもらって、条件にあういい物件を探してもらいましょう。

セミオーダーの定額制 高品質低コスト

「ひかリノベ」の特徴の一つにセミオーダーの定額制があります。

自由度が高いリノベーションの施工が可能でありながら、定額且つ価格が抑えられています。

その理由として、グループ会社を活かした取り組みがあります。

  • 品質に関する部分(デザイン・設計・施工管理など)→自社施工なので自由度が高い
  • 価格に関係する部分→企業グループで大量に仕入れることでコスト削減

このような背景があり、高品質で低コストを実現しています。

住まいの健康診断(住宅診断)

中古物件は、物件情報や内覧では分からない部分が不安ですよね。

例えば、耐震性や配管設備の不具合、設備の劣化など。

「ひかリノベ」では、住宅を購入する前に、物件の”健康診断”を実施しています。

外壁などの見える部分から屋根裏などの見えない部分まで、
住宅に精通した建築士が調べてくれます。

診断結果によって、購入するかどうか判断することも可能。

購入前に不安を取り除くことができるため、安心して取引が出来ます。

あんしん施工

リノベーション工事は、大きく4つのステップがあります。

  • 現地調査
  • 解体
  • 施工
  • 完成

工事中は、細かい部分の作業についてもSNSを活用して工事状況を逐一報告してくれます。
おうちが完成するまでの流れを把握できるので、安心ですね。

完成後は施工管理担当と一緒に工事箇所を点検し、希望通りの施工となっているか確認します。

その際、施工内容をしっかりと説明してくれます。

あんしん工事保証

暮らしを守るためのサポートとして4つの保証があります。

  • ひかリノベ安心の工事保証(2年間)
  • 適合リノベーション住宅(2年間)
  • 住宅設備の10年延長保証(10年間)
  • リフォームかし保険(1年間/5年間)
  • 【戸建て】Zuttoホームサポート住宅点検(10年間)

保証には、リノベーション工事の不具合に対する保証や設備のメーカー保証なども含まれています。

引き渡し後も長期にわたり、しっかりと保証されているのは嬉しいですね。

3Dでリアルな完成予想図

家探しの段階では、家はまだ手つかずの状態です。

現状の間取りや生活感が残った姿に、リノベーション後のイメージが湧きづらいことも。

その悩みを解決するために、施工前に3Dの完成予想図を作成してくれます。

まるで完成後の家を写真で撮ってきたようなリアルなパースです。

完成後のイメージにズレがないか、事前に確認できます。

ここがポイント
  • 独自のネットワークで丁寧な物件探し
  • セミオーダーの定額制 高品質低コスト
  • 住まいの健康診断(住宅診断)
  • あんしん施工
  • あんしん工事保証
  • 3Dでリアルな完成予想図を

「ひかリノベ」で理想の暮らしを叶える

子育て世代が中古をリノベーションする際の間取り図

「ひかリノベ」では、理想の暮らしを叶えるために3つのプランがあります。

フリープラン

完全オーダーメイドのプランです。

もとの部屋を解体し、コンクリートの「箱」状態にします。

ライフスタイルに合わせた間取り・建材・設備を自由に配置できます。

スタンダードプラン

自由にカスタマイズできるプランです。

内装部材やキッチン・浴室等の水廻り設備はひかリノベがセレクト。

間取りと配色は自由にカスタマイズできます。

配管類も交換し、10年後も安心して住める家に。

エコプラン

内装と水廻りの設備を一新。

間取りや配管、配線は既存を活用します。

築年数が浅い物件や、リフォーム済み物件の「あともう少し」を解決したい方に。

ここがポイン

どんな生活がしたいのか、どういった動線が暮らしやすいのか。
リノベーションをする際は、まず自分たちの暮らし方について家族で話しあうことが大切です。

子供が成長した時の暮らし方も踏まえて、リノベーションプランを考えましょう。

子育て世代のマイホーム 何から始めれば⁈

パソコンの上に眼鏡
マイホームを検討しようと思うけど、一体何から始めればいいのか分からなくて。

初めはどこに何を相談していいのか分からないものです。

そんな時は、イベントや相談会に参加して情報を収集しましょう。

最近では、WEB相談会を実施しているところもあります。

実際に足を運ばなくても相談できるので、子育て世代には有難いですね。

住宅購入やリノベーションについて、分からないことはプロに相談するのが一番です。

マイホームはまだ先の話という場合は、資料請求をするのもいいかもしれませんね。

<まとめ>子育て世代のマイホーム ”中古+リノベーション”で手に入れてみませんか?

今回は、”中古を買ってリノベーションする”がなぜ子育て世代に人気なのか書いてみました。

やはり一番の魅力は価格の安さですね。

住宅ローンを抑えることで、教育費や貯蓄にお金を回すことも出来ますしね。

中古住宅をリノベーションして、家族のために”暮らしやすい”家を作りましょう。

公式サイト
おすすめの記事